peaceful mind 平和なこころ




アトリエぱおの今年のテーマは peaceful mind 平和なこころ

被爆70年を迎える今年、アトリエぱおでは作品つくりを通して子どもたちとともに平和について考えます。 世界には、戦争や争いごと、貧困、差別される、学校に行けない、いじめなど、平和でない人や困っている子ども達がたくさんいます。私たちの住む日本は今は豊かで平和ですが、それはたくさんの人々に支えられてきたのです。

アトリエぱおでは平和を作ろうと頑張った人々を「ピースビルダー」と呼びます。 レッスンでは、保護者の方にも協力していただき、たくさんの「ピースビルダー」の中から気になる人を選び、家庭で本やインターネットなどで調べ学習をしました。 そして、キッズ1クラス(園児さん~小学校低学年)はコラージュで キッズ2クラス(小学生)とジュニアクラス(小学校高学年~中学生)は粘土の彫刻で 作品を作りました。

【解説】 №1 モハメド・アリ(アメリカ 元プロボクサー)    ベトナム戦争への徴兵拒否で世界ヘビー級王座を剥奪されたが、復帰後に王座を奪還。    黒人差別批判や公民権運動への貢献でドイツの「オットー・ハーン平和メダル」を受賞した。

№2 キング牧師(アメリカ 牧師)    アメリカの黒人解放・公民権運動指導者。その功績により「ノーベル平和賞」受賞。    「I have a dream. 私には夢がある」のスピーチは有名。

№3 マララ・ユスフザイ(パキスタン 人権運動家)    女性教育や個人の権利をイスラム武装勢力タリバン掌握下のパキスタンで訴えた。    銃撃で頭に重傷を負うが復帰後も活動し17歳で「ノーベル平和賞」受賞。

0回の閲覧

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所