KIDSスケッチツアー全日程終了!

こんにちは。浅原です。 一昨日のA3宮島コースで2009年度のKIDSスケッチツアー全日程が終了しました。雨天中止日が1日もありませんでしたので、6/14の予備日は実施いたしません。この日なら行ける、という方もいらっしゃるようでしたが、ごめんなさい。

全五日のツアーの総参加者数は、ご家族も含め610名。1ツアー平均102名が参加してくれたことになります。

では、すでに森講師がアップしていますが、ラストのA3コースをレポートします。


前日は横殴りの大雨でかなり心配されたお天気も、ほとんど雲ひとつない完全晴天。途中曇ることもなく全ツアーで一番の陽気となりました。

前回の宮島コースは鹿のいたずらがひどかったようなので、今回は鹿対策を強化。今までのツアーで得た教訓をフル活用したので、大きな被害はなかったようです。 特に、家族参加のお父様たちにボディガードを要請した効果はバツグンで、各地で鹿を追い払ってくれました。 子ども達よ、君たちが集中して描いていたその後ろでは、そちらに鹿を行かせないように頑張ってくれていたお父さんたちがいたんだぞ!

下の画像は安東教室のMくん。荷物は全てリュック(密閉式)に詰め、鹿がくると進路をゆずり、通り過ぎるとまたスケッチを再開するという、宮島式スケッチ法を自ら開発し実践しています。


そしてこちらは最後の講評風景。全員で輪になってやりました。 力作がたくさんです。


そして最後は集合写真。鳥居がチラリと見えるベストポジションを選んだはずが、三脚を立てて少し目線が低くなったため、見えなくなってしまいました。面目ないです。 画像はクリックで拡大されますので、参加者の方は右クリックでダウンロードしてくださいね。


そしてこちらは帰りのフェリーでの一コマ。瀬戸内海の涼しい風を受けながら談笑する森講師と単独参加の各教室ジュニアクラスの男の子たち。

半日、同じ場所で過ごすことで、講師と会員さんとの距離もぐっと近くなるのがスケッチツアーの魅力のひとつ。すでにひとつの家族のようです。

そんな中、一番左のSくんがなにかに気付きました。

船の上で、スケッチの仕上げをしている少年がいるじゃありませんか。

彼Aくんは、宮島でスケッチを完成させるべく、海の上はまだ宮島だという判断から、本州到着までにいそいで完成させようとがんばっていたのです。

参加してくれた全ての皆様、ありがとうございました。 そしてお疲れさまでした。

浅原

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所