A1宮島スケッチツアー

こんにちは。キッズ講師の浅原です。

油断してたら森先生に先を越されてしまいましたが、いよいよ始まりました「スケッチツアー」のレポート。 今日は5/23(土)に行いました初日のA1コース「宮島」です。

当日は朝から快晴のスケッチ日和。総勢83名+講師2人でいざ宮島に乗り込みました。 宮島はエリアがたいへん広いため、今回はスケッチエリアを絞り込みました。 桟橋から浜沿いに神社方面に歩いて行くと、こんな感じで鳥居が見えてきますね。(画像上) この鳥居の向こう側。小さく灯籠と松林がみえるところがスケッチポイントの「西松原」というところ。「清盛神社」があるところです。(画像下)


このエリアは、人が少ない上に、松林のため日陰も多く、厳島神社も五重塔も鳥居も下の2枚の画像のようにバッチリ見えるのです。


宮島は生き物がたくさんいることでも有名です。 こちらはその代表格の鹿。


こうやってみるとかわいいですが、彼等は人間の食べ物をねらってきます。下の画像は鹿に狙われるため高いところで立ってお弁当を食べる観光客の方です。 スケッチ当日も何度も鹿の襲撃に合いました。お菓子をたべながら描いてたり、荷物を広げたままで離れると、たちまち襲われます。油断しないようにしてください。彼等は音もなく忍び寄る(さすがは野生動物)し、紙やビニールも食べます。ただ、走ってくることはありません。ゆっくり歩いてくるので、きちんと見ていれば近くにくる前に食べ物もかくせるし、近づく前に食べ物をチラチラ見せながら、違う方向に誘導すれば、かんたんに他所に行かせられます。また、ボディガードとしてお父さんを連れてくることをオススメします。

そしてこちらもいっぱいいます、カニ。浜にはヤドカリもいっぱいいます。


そしてスケッチ終了後の最後の講評会は、大灯籠に置いてやってみました。なかなかいいもんでしたよ。

そして最後は記念撮影。こちらの画像はクリックするとかなり大きくなります。ご自由に右クリックでダウンロードしてください。


次回の宮島コースは、5/31(日)です。 ふるってご参加ください。 鹿対策は万全に。

トップ画像は廿日市教室のDくんと力強く鳥居を描いたDくんの作品。そして本日の戦利品のカニ。よく見ると、絵の中にはちゃんとカニがいます。(泥と同じ色をしていたので、ちゃんと泥と同じ色で塗っています。)

PS:帰り道のお土産屋さん巡りも、宮島の魅力のひとつですね。私は「生もみじ」を食べました。実は先日ラジオで「新商品の生もみじ」が出た、と聞いて(社長さんが生もみじを紹介してました)ぜひ食べてみたい、と思い買いに行ったのですが、その店には先に会員のOくん家族が来ていて、Oくんのお父さんもラジオで聞いて、ぜひ食べてみたいと思って買いにきたのだそうでした。 ラジオ、侮れませんね。もちろん美味しかったです。

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所