南教室

あいにくの雨模様、週の前半は空模様が良くない様ですね。 家の中で絵を描いていると、絵の具の乾きが天気のいい日より遅くて困ります・・・

今回は先週の南教室の様子を紹介します。


南教室では、コラグラフ(コラージュして版を作る版画)2の刷りでした。 コラグラフ1では、紙や布、ビニールや綿など様々な素材を使い、ハサミで切ったり手でちぎったりしたものを貼り合わせて生き物を作りました。 波段ボールの波を木の模様に使ったり、網を魚の体に使って鱗模様に、ふわふわしたフェルトでモコモコのウサギの体を表現したり・・・工夫がいっぱいでした。


↑Oくん独自の色彩センスが光る作品は、大胆なサインが画面構図にぴったりです!good!!


↑鮮やかで斬新な背景が主役の青リンゴを引き立てていますね!Yさんらしい!それに、台にそっと置かれたモチーフからはYさんの優しい人柄も感じられますね。


↑油絵初めて?なれた筆さばきでしたね。自然な空間のこの作品からは、Uくんの穏やかな人柄までも感じさせる魅力があります。


↑モチーフをじっくりと観察し、落ち着いて描きとろうとするTくんの姿勢が画面から伝わってきます。


↑油絵の魅力のひとつでもある色の重ねによる深みのある画肌が、Tさんの絵にはたくさん作られていて、ぶどうに本物らしさを感じさせます。本のタイトルもgood!!


↑「絵の道」も考えているKさんの作品からは、定まった視点によるモチーフ描写にとてもリアリティを感じます。集中して黙々と制作していましたね!good!!


↑かっこいい!!Kくんは3週にわたって終始厚塗り、油絵の具をホイップクリームを混ぜるように油まみれで取り組みました。油絵の魅力のひとつですね。もっと大きな画面の作品も描いてほしい!ぜひ見たいです!


↑普段元気のいいIくんは、絵を描く時はとても集中し、モチーフを見る目が違います。描くことが好きなのと、よく見て描きとろうとしている彼の素直な気持ちが絵から伝わってきます。good!!


↑1、2週目では油絵の具の扱いに苦戦する様子だったOさんでしたが、3週目の仕上げへ向けた取組みでは、画業を志した人のように迷うことなく自分の絵に向かって筆を運んでいましたね、good!!


↑強い色をぶつけず、画面全体をさわやかな色調でまとめた画面からは、Kくんのやさしい人柄が感じられます。

みなそれぞれで自分の作品と向き合って制作できていた結果だと思います

来週も続けて制作するみんなも完成までがんばろ〜!

粕谷

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所