人物画


「モヤッと天気も、


現在私が担当するクラスの子ども達は.写真を見ながらのパピエ・コレとモデルさんを目の前にしての人物画の仕上げに頑張っています.

月曜日の安東教室では、教室の2階が生協さんのお店ということもありモデルさんには「生協さんの店員さん」になってもらいました. モデルさんが着けているエプロンは、生協安東の店長さんにご協力いただき、実際にお店で使われているものをお借りしました。

レッスンでは、モデルさんを描く前にみんなでお店見学もさせていただきましたので、働く現場と綺麗にならんでいるたくさんの商品を見て制作イメージを膨らませました。


五日市教室木曜クラスのモデルさんは、現役の歴史の先生に来ていただいています.

主に東アジアを研究されており、博士でもあります。 レッスンでは、貴重な論文資料など持ってきていただいたり、歴史のお話なども子ども達に少ししていただきました.子ども達は、モデルさんの顔に注目度が高く・・・顔の描写だけに集中している人も多いですね.

~ちょっとブレイク~

今回の人物画レッスンでは、モデルさんには、15分ポーズをとっていただき5分休憩という流れでおこない、一回のレッスンで3~4ポーズくらいのペースです。

ポーズは場所の広い教室では、モデルさんと子ども達の間で決めていき、立ちポーズや椅子に座ったポーズなどさまざまです. 何度も同じポーズをするモデルさん達は大変なんですよ~。

そんなモデルさんの労をねぎらいたいというNくんが休憩時間に肩たたきです。

剣士です

己斐教室火曜クラスと、南教室ではモデルさんに剣道の道着や防具を身につけていただき、竹刀を持ってポーズをとっていただきました。 この道着や防具は剣道部だった祖父江講師と現役の剣道家の会員さんにお借りしたもので、高校時代剣で腕をならした有段者の祖父江講師の防具や竹刀には、当時の様子がうかがえる傷やほころびが味を出しています。

はかまを貸してくださった己斐大人クラスのKさん、中学2年生のお嬢さんはYouthクラスに来られています.中学2年生のお子さんがいらっしゃるとは思えないほど美しいお母さん

今週まだ仕上げのある皆さん

P.S 1/1スケール(高さ18m)のガンダムを見に行かれたKさん、どうだったでしょうか

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所