福笑い!


アトリエぱおキッズクラスの2012年初日。緑井教室のレッスンでした。 2012年初レッスンは「福笑い」です。


「福笑い」は皆さん一度は遊んだ事があるでしょう? 目隠しをして、のぺらぼうの顔に目や鼻や口を置いて行き、どんな顔ができるかな?というゲームです。 私も子どもの頃、お正月に家族みんなでカルタやトランプと一緒に遊んだ記憶があります。

明治時代には家庭でも遊ばれていたそうですから、ずいぶんレトロなゲームですが、このハイテクゲーム全盛の今でもやるとやっぱり面白いです。そんな「福笑い」を作ります。



「福笑い」はゲームとしてももちろん楽しいですが、ただ楽しいだけではないんです。 目鼻口などの位置をほんの少しずらすことで、 上を向いたり下を向いたり、 怒ったり、困ったり、 子どもになったり、おじさんになったり・・・

目鼻口の一の微妙な違いで、表情や年齢などが変化することを学習できる教材でもあるのです。 「福笑い」でいっぱい遊べば、顔を書いたり作ったりするのが上手になりますよ。



みんな、お家でいっぱい遊んでね!

浅原

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所