2学期レッスンスタート!


ぱおブログ月曜日担当の浅原です。あ、今日は水曜日。いや正確には木曜日。3日遅刻してしまいました。 すいません・・・

さて、先週の金曜日から、2学期のレッスンが始まりました。久しぶりに会うクラスの子どもたちの顔や、サマースクールとは違う「いつものクラス」の雰囲気に、「あー、やっぱりいいなー」と感じる今週です。

さてさて、2学期初っ端のレッスンは「空想画」。 じっくりモチーフを見て描く「観察画」や「静物画」ではなく、頭の中にイメージをふくらませて描く絵です。

今回の作品は、キッズ2、ジュニアは「NTTタウンページ」。キッズ1は「NTTドコモ」のコンクールに出品予定です。電話つながりは、たまたまです。

タウンページは、今回で3回目の取り組み。今までは、締切日の関係で1週完成だったため、完成度をなかなか上げられなかったのですが、今回は2週とることに成功したため、じっくりじっくりイメージを膨らませながら取り組んでいます。

イメージを膨らませること。想像の世界を膨らませること。そのイメージを手を動かしながら、紙の上に形にしていくこと。描いた絵が増えれば増えるほど、その絵たちがくっついて足し算になったり、掛け算になったり・・。 クラスのあちこちで「いいこと思いついた!」の声が上がっていました。

想像し、創造することは人間だけに与えられた特権だと思います。スケッチブックに鉛筆を走らせる子どもたちの顔は、とってもいい顔をしてました。 きっと脳の中で、いろんな細胞や神経が活発に動き回っているのでしょう。 回転する脳の音が、パソコンのハードディスクの回転音のように聞こえてくるみたいでした。


画像は昨日の五日市火曜キッズ2クラスでの作品と制作風景です。

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所