髙田 海音

更新日:6月9日


髙田 海音 高1



この作品のタイトルは「これから先もずっと」だ。

これは、もともと思い出、記憶をテーマに写真として撮った作品だった。しかし、水彩絵の具などを用いて淡い感じで描くことで儚さや綺麗さを出し、思い出や記憶といったイメージに近づけることができるのではと思い、水彩画にすることにした。

この作品の中のメインのモチーフは、画面右下の私の友人と、手に持ったカスミ草、そして海である。

私は、海というのは常に表情は変化しているが永遠に存在するものと捉えている。

また、カスミ草の花言葉には「感謝」「幸福」というものがある。

この2つの点から、私と大切な友人との関係が、友人の幸福が「これから先もずっと」続きますようにという願いを表している。

この作品を見た人が、自分の大切な人や、その人との記憶を思い出して、ずっと大切にしてほしいと私は考えている。

関連記事

すべて表示

宮川 佳子 高2 私はよく趣味で、バーチャルYouTuberというものを見ている。バーチャルYouTuberとは「1人のキャラクターとして2Dまたは3Dのアバターを使い活動しているYouTuber」のことだ。 私はこの作品を通して、キャラの可愛さはもちろんバーチャルに存在するというキャラクターの概念を表現したいと思った。しかし、既存のキャラクターは使用できなかったため、オリジナルのバーチャルキャラ

高津 結彩 R1 私は自由制作でうさぎの塑像を制作した。 色々な制作方法の中から塑像を選んだのには、やったことがない事をやりたかったという理由の他に、飼っているうさぎを形として残しておきたかったという理由がある。 また、自分にとって家族であり身近なうさぎをテーマにする事で、この塑像の制作をより内容のあるものに出来るのではないかと考えた。 材料には赤土を使用し、家で撮ったうさぎの動画や資料をもとに制