額選定と作品撮影

こんにちは。今日もいい天気ですね。

さて、日曜日には平面作品総覧会が無事に終わり、選ばれた作品たちは、それぞれに装丁する額の選定にはいります。

絵の魅力を生かすも殺すも額次第。 また同じ絵でも合わせる額によって、フォーマル、カジュアル、和風、オリエンタル、ホップ、ファンタジーなど、いろんなまとめ方もできるので、服を選ぶのにも似ています。

また、額はマットを替えることで別の絵に差し替えることもできます。 なので、使いまわししやすい額をいくつか持っていれば、毎年中身を差し替えて行けば、同じ額をずっと使えるので、スペース的にも経済的にもお得です。このへんも服と似てますね。

額の選定と平行して写真撮影も行います。 まとまった数の作品が集まる滅多にない機会なので、大量に撮影します。絵を撮影するのって、なかなか難しいんですよ。

キッズ会員の皆さまには「額装手配確認書」というハガキが届きます。そちらに今年の展覧会に展示される作品と、それに合わせた額の提案をさせていただいております。 今週末、または週明けに届きますので、ご確認ください。

今年の展覧会はどんな作品たちが会場を飾ってくれるのでしょうか? お楽しみに。

浅原

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所