講師がやること

更新日:8月26日

■10/7(木)平面作品総覧会 提出された候補作品全てに講師が目を通し、様々なバランスを考慮しつつ展示計画に基づいて決められた点数を選出。 このときに、一年間の絵画プログラムの内容や素材・材料・道具・手順・資料・指導方法などを振り返り、次に活かす研究をします。



■10/8(金)平面作品 額装検討 ​選出の作品のトリミング。額装について画材店のプロフェッショナルとともに検討。



■11/3(水祝)立体作品総覧会 提出された候補作品全てに講師が目を通し、出品する平面作品との数のバランスを考慮しつつ、展示計画に基づき選出します。


■11月中旬 立体作品 装丁提案・手配 ​作品種類によっては、作品をより輝かせるために ◯立体額に入れる。 ◯台に設置する。 等のご提案の連絡をさせていただきます。またご要望も承ります。

お気軽にご相談ください。 装丁の提案に対してお返事をいただいてから手配にかかります。

9回の閲覧