観光と環境

皆さんこんにちは、火曜担当の粕谷です。

今日は朝から出発し玉田先生と宮島水族館に行ってきました

担当していただく方は、水族館勤務約40年の大ベテランの方で、私が広島にきて(10年前に東京から・・・)初めての「ぱおキャンプ」で宮島に行ったときに大変お世話になった方です。当時は、スナメリもちいさく、まだ水槽の中ではなく隔離されたプールで泳いでいました。スナメリの講習会までしていただきました。(懐かしい・・・)  その方に、瀬戸内海に生息する生き物の生態や、水族館の現状と、自然環境への理解と関わり方などに対することをいろいろと経験談などを元に、お話してもらいました。その中で、身近な環境のことについて、「親とともに子ども達に知ってもらいたい、伝えていきたい。」という気持ちが強く伝わってきました。

スケッチツアー当日は、その中から少し参加者の皆さんにお話していただきます。お楽しみに。ご家族で、または個人的にご質問されてもよいと思いますので、是非機会を見つけてお話してみてくださいね。

宮島は、平日だというのに観光客が次々と来ていました。おみやげ物屋さんのたくさん並んだ通りから一筋山側に入った路地は、宮島の観光地としての賑わいではなく、島の方の日常も伺えるような落ち着いたたたずまいと、風情ある町並みが心地よかったです。同じ島の中でもだいぶ環境が違って見えました。

水族館で撮った画像を紹介します。

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所