落ち葉の観察画

こんにちは。浅原です。 展覧会とその準備、片付けで2週間ぶりのレッスンでした。 今日は落ち葉の観察画。水彩絵具でよーく観察して描きます。

秋は葉っぱが色づいて、1年でもいちばん美しい次期です。来週にはもう枯れてしまう、今しか見られない美しさを絵で残します。 水彩絵の具で描きますが、赤、青黄色の色の3原色だけで描きます。3色だけを混ぜ合わせて微妙な色を作るのです。

黄色や黄土色、黄金色、うすオレンジ、橙色など、微妙な色の変化が見てとれます。 水彩絵具特有の「にじみ」や色の重なりが、そんな落葉の微妙な色の変化を表現するのに適した画材です。


葉っぱ1枚はそれほど大きくないので、絵もハガキくらいの大きさです。 はがきサイズの額に入れてみてはいかがでしょうか?小さいので、どこにでも飾れますよ。 展覧会前以外でも、1年中額装は承っておりますので、ご希望の方は講師まで。

浅原

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所