綱渡りロボット「ロボモンキー」

6月のロボットは、綱渡りロボット「ロボモンキー」でした。

腕を交互に前に出して、張られたロープを渡っていきます。

基本編では、テキストをよく読みながらロボットを作っていきます。


写真だけ見ていてはわからないポイントもいくつかあるので、文章の説明も読んでいきます。

読むクセをつけることで、読解力も身につきます。

応用編では、スピードアップさせる方法を工夫していきます。

身体を軽くしたり、新しい電池に替えたり、腕を長くしたり…

腕の長さを替える時は、左右の腕の長さが違ったり、角度が違ったりするとうまく動いてくれません。

右と左のバランスを考えて調整していくことで、スムーズに動くようになります。

0回の閲覧

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所