立体作品総覧会議

こんばんは、浅原です。 本日はキッズの展覧会に出品する、立体作品総覧会でした。 それではこの総覧会議の一日の流れをお見せします。

朝から集合し、まずは打合せ。

そして作品の仕分。その数およそ600点!!それらを全部作品ジャンルで分類します。

それから作品のチェック。登録された作品が実際に提出されているかどうか、一点ずつ確かめます。大変な作業ですが、お預かりした作品に一点でも紛失があってはいけないのです。

作品は壊れないように梱包されています。その梱包の外側に「出品票」という細長い紙が貼ってあります。これは、誰の何の作品かが、梱包をとかなくても分かるようにするためです。 また、梱包は古新聞やダンボールの空き箱だったりするので、ゴミに紛れ込んでしまうことだってあるかもしれません。でも出品票が貼ってあれば間違えることもありません。 何百点も作品が集まってくるので、細心の注意が必要です。 画像はその梱包された作品たち。出品票がなければ、この中に素敵な作品が入ってるなんて気づかないでしょう?

仕分けも終わり、いよいよ作品を見て行きます。

アニマルハンガーについて激論中。

いろんな立体作品。

パフェがいっぱい。展示会場に運びやすいように梱包し直します。

全ての総覧が終わりました。 あとは箱詰めして搬入当日まで保管します。数十箱のダンボール箱をリレーで運びます。


11/13の朝にこれらのダンボール群がアステールプラザに搬入されます。 おっと、トーテムポールの作品300個もあるんだった・・・・・がんばろう!

浅原

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所