窯つめつめ

こんばんは、GW明けはもう夏かと思うような暑い日が続きましたが、ちょっと落ち着きましたね。 今くらいが1年中続けばいいのになぁ…、と無茶思う、陶芸担当祖父江です。

今日は、陶芸作品の窯詰めをして参りました。 いつもは地道に一人でさみしくやっている窯詰めですが、 今日は心強い助っ人達が…! 自らを「ウサギちゃんチーム」と名乗る、ぱお専門研究科の仲良し二人組、YちゃんとSっちゃんです。

二人の掛け合い漫才(Sっちゃんがひたすらボケ、Yちゃんがするどいつっこみ)みたいな会話を聞きながらの作業は、いつになく楽しく、しかもあっという間に仕事が進み、ほんとに助かりました~!

窯場の様子。 まずは二人とも自分の作品の釉がけ。


そして窯詰め。 大事な皆さんの作品、初めての二人に任せて大丈夫かな…?と最初は心配だったものの さすが、美術の道を志すふたり。 作品の取り扱いも丁寧だし、飲み込みも早く、とてもスムーズに仕事をこなします。



そして窯詰め完了! いつもの倍くらいの早さで終わりました。

そしてこのやりきった感あふれる笑顔!わーい!

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所