発表会 お疲れさまでした!

クリスマスイブの発表会。 出演者全員が素晴らしい演奏を披露してくれました。 みなさんお疲れさま。そしてどうもありがとう。

出演者の努力はもちろんのこと、支えてくださったお父さん、お母さんをはじめ、ご家族の方々。 最後まであたたかく聴いてくださった会場のみなさん。 みなさんのおかげで、今年も素敵な発表会になりました。 感謝、感謝です。

今回の出演者のうちピアノ歴が一番浅いのは、ちかちゃん、ピアノ歴4ヶ月半。 次に浅いのが、ゆうきくん、6ヵ月。 ちかちゃんはまだ学齢前なので舞台に立つのは特に大変だったと思います。おうちでの練習中に何度か涙が出たようです。でも、よく頑張ってくれました。 ゆうきくんも、とてもつい最近ピアノを始めたとは思えないほどの堂々とした演奏を披露してくれました。 そして、ベテランのお姉さん、お兄さんも、もうすぐベテランの生徒さんも、み~んな、いつも以上の力が発揮できたのではないかと思います。日々の練習の賜物ですね。 ピアノ発表会初の生徒さんのお父さん・お母さんによる連弾も、お二人の強い絆

来年の発表会は12月23日です。 佐伯区民文化センター・スタジオの舞台に、今度は2台のピアノが並びますよ。 2台ピアノの発表会は初めて。 不安も大きいのですが、大丈夫、大丈夫。きっといい発表会にします。 2台ピアノのための楽譜も用意しました。すでに選曲は始まっています。構想もある程度できています。

みなさん、2008年も、楽しく、時に(?)厳しく、レッスンをしていきますよ。 みなさんに弾いてもらいたい曲がたっくさんあります。 いろんな曲に触れて、音楽の奥深さを味わいましょう。 ピアノクラス 溝尻雅子

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

ピアノレッスン日記 

ピアノクラスの溝尻雅子です。こんにちは。 中学1年生のKさん。勉強や部活(卓球部!)が忙しくなりピアノはしばらくお休みでしたが、 どうしても弾けるようになりたい曲があります。 夏休み中の水曜日なら行けます。 レッスンできませんか? と連絡があったのが7月中旬。 いいよ~おいで! とレッスン再開。 夏休み中に5回レッスンができて、3曲弾けるようになりました。 がんばったね。 そのうちの1曲が、米津玄

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所