海獣パズル

こんばんは。キッズ講師の浅原です。 先週よりキッズクラスで告知しておりました 「海獣パズル」制作イベントが、9/28(日)に五日市教室のある佐伯区民文化センターにて開催されました。


今回はデジタル機器が大活躍しました。今回の主役1号「ノートパソコンくん」と「ビデオプロジェクターちゃん」です。

パソコンの画像をビデオプロジェクターで投影すると、扉の画像のようにクジラやイルカなどの大きな海獣の姿を原寸大で映せるわけです。

何枚も並べた大きなダンボール板に映したら、みんなで鉛筆を持ってアウトラインをなぞります。


なぞった線の上を太ペンでさらになぞり、線をキレイにします。 そこまでできたら、ハサミやダンボールカッターで切り抜きます。


なにせ大きいので、(シャチは体長4.5メートルあります)、1人や二人じゃできません。 今回の参加人数は27名。大人も子どもも全員フル稼働です。


左の画像をよく見ると「シャ②-5」とか番号が書いてあるのがわかりますか? 右の画像のように、この後小さなピースに分割していきます。ピースの場所が解らなくならない様に、通し番号を入れるのです。これがまた地味に大変なんですね。

こちらが完成した海獣パズルの「オットセイ」です。(見えやすいように、裏面で並べています)ほぼ原寸大で作っているので、オットセイは8ピースとなりました。 では、今回最大の「ザトウクジラ」は何ピースになるでしょうか? 答えは見てのお楽しみです。

このひとつひとつのピースに、海の生き物たちを描きます。魚の群れが集まって、巨大なクジラやシャチの姿になっているイメージです。


最後はみんなで記念撮影。 サムネイルはクリックすると、かなり大きいサイズで画像が開きます。参加していtだいた皆さんはぜひダウンロードしてください。 ウインドウズなら右クリックで画像を保存ですよ。

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所