top of page

水口 咲耶

今回、私は十二色相環をクリームソーダを用いて表現した。制作の計画を立てる際、クリームソーダを描きたいと考えた。クリームソーダの魅力は、多くの色の組み合わせがあるところだとだと思う。その魅力を表現するために、十二色相環を用いた。工夫した点は、それぞれのクリームソーダの色に合わせてトッピングを変えたところだ。メロンクリームソーダのトッピングはさくらんぼの印象が強かったので、そこだけ色を揃えなかった。また、F4のキャンバスにピンク色に下塗りをした。下塗りの色をピンク色にした理由は、グラスの水色と背景を同化させないためである。

それぞれのクリームソーダの味やトッピングを考えながら制作したので、楽しみながら制作することができた。



関連記事

すべて表示

宮川 佳子

宮川 佳子 高2 私はよく趣味で、バーチャルYouTuberというものを見ている。バーチャルYouTuberとは「1人のキャラクターとして2Dまたは3Dのアバターを使い活動しているYouTuber」のことだ。 私はこの作品を通して、キャラの可愛さはもちろんバーチャルに存在するというキャラクターの概念を表現したいと思った。しかし、既存のキャラクターは使用できなかったため、オリジナルのバーチャルキャラ

Comments


bottom of page