水口 咲耶

更新日:5月24日

水口 咲耶 高2




今回、私が撮影してきた中で最も目を引いた昼食時のお弁当の写真をもとに制作した。この作品のタイトルは「日常のちょっとした楽しみ」で、このタイトルになった理由は私にとって昼食時間は楽しみなものだからだ。 制作する際、写真を細かく見てみると、目玉焼きの部分が最も目立っていて、目をひく要因だと分かった。そこで、目玉焼きの中で1番鮮やかである黄身の部分を大きめに描き、弁当の中心に寄せるように配置した。また、それぞれの食材の質感を意識して、ハイライトの量や明るさを調節したり、ガーゼなど筆以外の道具を使用しながら着彩したりした。 今回制作を進めていくなかで、弁当の巾着の部分に布を使用したり、卵の盛り上がっている部分を再現するために紙粘土などで凹凸を表現してみたいと思ったので、次回の自由制作では立体の作品制作に挑戦したい。


関連記事

すべて表示

宮川 佳子 高2 私はよく趣味で、バーチャルYouTuberというものを見ている。バーチャルYouTuberとは「1人のキャラクターとして2Dまたは3Dのアバターを使い活動しているYouTuber」のことだ。 私はこの作品を通して、キャラの可愛さはもちろんバーチャルに存在するというキャラクターの概念を表現したいと思った。しかし、既存のキャラクターは使用できなかったため、オリジナルのバーチャルキャラ

高津 結彩 R1 私は自由制作でうさぎの塑像を制作した。 色々な制作方法の中から塑像を選んだのには、やったことがない事をやりたかったという理由の他に、飼っているうさぎを形として残しておきたかったという理由がある。 また、自分にとって家族であり身近なうさぎをテーマにする事で、この塑像の制作をより内容のあるものに出来るのではないかと考えた。 材料には赤土を使用し、家で撮ったうさぎの動画や資料をもとに制