楽しくなければピアノじゃない!

ピアノクラスの溝尻です こんにちは。 学生時代からの友人に吉田洋なる人物がおりまして。 ピアニスターHIROSHIの名前で、コンサート活動やテレビ出演をしています。 「ピアニスト」と「スター」を掛け合わせて「ピアニスター」という言葉を作り出したあたり、一癖ありそうな人物に思えますが、実際に一癖ありまして。

このたび☆ピアニスター☆HIROSHIの ザッツ・ピアノ・エンターテイメント!という楽譜を出版しました。 その彼の信条が、「楽しくなければピアノじゃない!」

HIROSHI流の奇想天外なアレンジで楽しませてくれます。

「迷子の迷子の小猫ちゃん踏んじゃった?!」とか 「東洋風のジングル・ベル」 「エリーゼのためのひな祭り?!」 「世界に一つだけの花のワルツ」など、一体これは何?の曲が盛りだくさん。

中でも、「七夕さま」とワグナーの「結婚行進曲」を合体させた曲では、この2曲が全く違和感なく混ざり合い、いま自分が「七夕」を弾いているのか「結婚行進曲」を弾いているのかわからなくなります。

昔懐かしい「セーラームーン」の主題歌と、ベートーヴェンの「月光の曲」が、こんなに見事にマッチするなんて! の驚きの変曲、いえ、編曲もあります。

レッスンで生徒に弾いてみせると、「おお!」というリアクションが面白い。 興味のある方、是非お試しください。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

ピアノレッスン日記 

ピアノクラスの溝尻雅子です。こんにちは。 中学1年生のKさん。勉強や部活(卓球部!)が忙しくなりピアノはしばらくお休みでしたが、 どうしても弾けるようになりたい曲があります。 夏休み中の水曜日なら行けます。 レッスンできませんか? と連絡があったのが7月中旬。 いいよ~おいで! とレッスン再開。 夏休み中に5回レッスンができて、3曲弾けるようになりました。 がんばったね。 そのうちの1曲が、米津玄

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所