春のワークショップ プログラム紹介1「イースターエッグ」

3/12から予約受付スタートしました、春休み恒例「春のワークショップ」

さて、今日は春のワークショップのプログラムの中から、初の取り組みとなる「Art+ENGLISH」のコラボレッスンをご紹介します!

「イースター」とは、イエス・キリストの復活を祝うキリスト教の春のお祭りです。 欧米諸国ではクリスマスと並ぶ大きなイベントのようですが、日本人にはあまりなじみがないですね。 そんなわたしも、イースターについてもイースターエッグについてもほぼ知識なし。 浅原講師が親子で作ってくれたサンプルのイースターエッグを見て、 「ほほぅ、つまりクリスマスのオーナメントみたいなものだな」と解釈して、勝手にひもをつけさせてもらったところ、 カナダ出身の英語の先生に「ひもがついたのは初めて見たわ(英語)」と言われました。。 カラフルにデコレーションした卵は、「エッグハント」という卵探しゲームで子どもたちが遊び、そのあと食べてしまうものなのだとか。「つるさない、飾らない(笑)」のだそうです。

そんな欧米の伝統文化も学びつつ、シンプルでわかりやすい・伝わりやすい英語でレッスンを行います。 造形も楽しみつつ、そのあとゲームを通して楽しく英語に触れていきます。

英語の指導をしてくださるのは、本格英会話で評価の高い「ENGLISH SCHOOL cocoro」の先生。 初めて英語に触れる子どもたちにはぜひとも体験していただきたいレッスンを展開されています。

そして、造形部門担当のわたし不肖ソブエも、このたびがんばって英語でレッスンします。 「R」の発音をちゃんと正確にできるように!とのお達しなので、下を巻きまくってひそかに特訓中です。

いろいろおもしろいレッスンになりそうなので、ぜひぜひ皆様ご参加くださいね! お待ちしております!

春のワークショップ 「イースターエッグ」3/29(土)14:00~15:30 お申し込みはこちらから。

ソブエ

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所