展覧会鑑賞ツアーにいきました!!


本日は「北斎の富士~冨嶽三十六景と富嶽百景~」展(於 広島県立美術館)鑑賞ツアーの日。 アトリエぱおの会員さんやご家族の方と鑑賞しました。 鑑賞に先立ち県立美術館学芸員の方から解説をしていただき、その知識と、アトリエぱお作成の「鑑賞ツアーみどころポイントシート」をもっていざ会場へ! 子どもも大人もぱおの先生も、じっくりじっくり鑑賞し堪能しました!! 展覧会では作品を鑑賞することが第一の目的ですが、作品の鑑賞を通して『華やかな色合いが好き』 『やわらかい線が好き』など、自分の好みに気付くことがあります。それまで気付いていなかった「自分」を知ることもあります。 一緒に行った家族の好みが自分と同じだったり違っていたり、そういうことに気付くこともあります。そういう発見もありますよ。 またお子さんにとっては、公共の場でのふるまい(しずかに鑑賞する、作品に触らない など)を体験し実践する好機でもあります。 ぱおではこれからもどんどん鑑賞ツアーを企画します。みなさんも、ぜひ、ポジティブに、ご参加ください!!

北斎の富士展 担当学芸員山下さん プロジェクターを使って作品の事例を挙げながらわかりやすく解説していただきました。


じっくり鑑賞した後のおたのしみ! 特別展示 石上和弘≪裾野を歩く 山腹に寝転がる≫ すべったり寝転がったり山頂に立ったり、木材の感触や香りを全身で楽しみます。

0回の閲覧

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所