宮川 佳子

宮川 佳子 高2

 私はよく趣味で、バーチャルYouTuberというものを見ている。バーチャルYouTuberとは「1人のキャラクターとして2Dまたは3Dのアバターを使い活動しているYouTuber」のことだ。

私はこの作品を通して、キャラの可愛さはもちろんバーチャルに存在するというキャラクターの概念を表現したいと思った。しかし、既存のキャラクターは使用できなかったため、オリジナルのバーチャルキャラクターをぬいぐるみにして表現した。

 ぬいぐるみ本体は、よく市販品で使用されている起毛生地「ボア生地」を使用し、ぬいぐるみのふわふわした感触が、再現できるよう工夫した。髪の毛については、縫う所と貼る所を分け立体感がでるようにした。型紙は、頭の形の丸みを出せるよう既存作品のものを参考にしたりした。

服については、型紙などの形を試行錯誤し、もう少し完成度をあげれたのではないかと思う。

 そして、バーチャルYouTuberとは、架空上の空間に存在し現実世界に本物は存在しないものであると考える。だからこそ、ぬいぐるみとしてここに存在することで一つの高揚感が得られるのではないかと思う。

関連記事

すべて表示

高津 結彩 R1 私は自由制作でうさぎの塑像を制作した。 色々な制作方法の中から塑像を選んだのには、やったことがない事をやりたかったという理由の他に、飼っているうさぎを形として残しておきたかったという理由がある。 また、自分にとって家族であり身近なうさぎをテーマにする事で、この塑像の制作をより内容のあるものに出来るのではないかと考えた。 材料には赤土を使用し、家で撮ったうさぎの動画や資料をもとに制

伊藤 早利 高2 作品のテーマは「私」だ。この作品は、あるアーティストのある曲を聴きながら思いついたもので、人に左右されない、自分を持った人間になりたいなという"未来の自分"を思い浮かべながら、人に左右されながら枠に囚われて生きる"今の私"の現状を作品にした。 この構図は見る人によって覗き込んでいるように見えるかもしれないし、閉じ込められている場所から出ようとしているように見えるかもしれない。制作