安佐南教室Jr.クラス油絵実習


小学4年生〜中学生のジュニアクラス独自の取り組み「油絵実習」。安佐南教室のレポートです。


先週の初回は、キャンバスに分厚く絵の具を塗って「下地」を作りました。 2回目の本日は、モチーフをどんどん描いていきます。


分厚い絵の具の層の上からだと、絵の具ののりが違います。下に塗った絵の具もうっすらと透けるため、色はとても深みのある色になります。ある程度、絵の具を重ねて行くと、油絵の具独特の色の深みと強さを感じ始めます。それを感じる事ができれば、あとはどんどんのめり込んでいきます。数百年の歴史の油絵。何世紀も世界中の人々を魅了し続けてきただけのことはあります。


回を重ねるごとに、子どもたちは熱中していきますが、指導する講師陣もだんだんと熱中していきます。油絵は自分で描くのも楽しいですが、その魅力を伝えて作品作りのサポートをするのもおもしろいんです!


さあ、この作品たちが次週どんなふうに仕上がるのか? 乞うご期待です!

浅原

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所