安佐南教室キッズ1クラス


トラを制作中の仲良しコンビのTくんFくん。 二人もこの春からはキッズ2クラスへ進級です。 キッズ2クラスはキッズ1クラスより人数が増えます。年齢層も広くなるので、まさに個性のるつぼです。 自分よりも上手な先輩たちに囲まれ、様々な刺激を受けます。

先輩たちから教わるのは、造形技術だけではありません。子どもの世界の中でのルールや立ち振る舞いも教わるわけです。 年下の子たちが年上の子たちの姿を見ながら自然に覚えていくんですね。 講師である我々は、これをしてはいけない、こうやりなさい、と色々教えますが、子どもにとって一番自然で吸収しやすいのは、「年上の子のやることを見て覚える。」ということではないだろうかとクラスを見ていて思う事があります。 私が子どもの頃は、まだ近所の子どもたちのコミュニティの中にそれが当たり前にあったと思います。 時代が変わってなかなかそういう機会も少なくなっていますが、いろんな年齢の子たちがいる「ぱお」のクラスの中では、それがまだ残っているなあと思いました。

浅原

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所