安佐南教室の幼児・園児さん向けクラス「プチ」

こんにちは。 今日は、アトリエぱお安佐南教室の幼児・園児さん向けクラスの「プチクラス」を紹介します。

アトリエぱお安佐南教室はアストラムライン中筋駅そばの「安佐南区民文化センター」にて、毎週火曜日、木曜日の15:50〜16:40の50分クラスです。

実体験を重視した内容ですので、絵の具や粘土や紙などの材料、筆やへらやハサミなどの道具と様々な道具や材料をを使い、いろんな技法を使って楽しくレッスンしています。

今回は、「和紙のマスク」を作りました。

ただの紙ではなく「和紙」をつかい、 ただマスクを作るのではなく、粘土の原型を作ってから張り子の技法で作りました。


まずは粘土をつかって、マスクの原型を作ります。


できた原型にラップをかぶせます。 そして、のりとボンドと水をまぜたボンド水を作ります。 そしたら、和紙を破ってボンド水に浸してから、粘土の型に貼り付けていきます。


1週間乾かすと、和紙はカチカチに固まります。 そっとラップから剥がして、余分をハサミで切ります。


目と耳の穴をあけて、ゴムを通せば完成です。 昔ながらの技法の張り子のマスクは、ボンドで固めているので丈夫です。 そして、和紙の独特の風合いが残るので、「和」のテイストが残りつつ、かわいく仕上がります。 浴衣にも合いそうですね。

プチクラスは見学、体験も随時募集中です。 ちょっと気になる、という方は一度アトリエを覗いてみませんか?

プチクラスの詳しい内容はこちらからどうぞ。

浅原

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

なにこれファイルの世界。

ぱおバッグの中で いつでも出番を待っているのが、 「なにこれワークシート」をとじたファイルです。 レッスンにやってきたこども達に、 この 「なにこれファイル」を開いて見せてもらうと、 特に意味のない線画を ヒントにして、 こどもが描きこんだオリジナリティあふれる絵が、 まるで飛び出す絵本のような迫力で 描かれています。 色がないのに カラフルに感じられるような、 驚きと発見を いつも与えてもらって

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所