子育ては土台作りから。

そろそろ 新年度のことが気になり始めるころ。

うちの子は 進級して大丈夫かしら

日々のこどもの様子をみていると、

わけもなく焦ったりすることはありませんか。

でもね、ちょっと2、3年前を振り返ってみましょう。

まだ言葉も持たなかった2歳の頃は 

月齢が違えば 成長にもそれぞれ個人差があるし

まぁそのうちにできるようになるかな なんて

おおらかに 構えていられたのに。

それが3歳過ぎて 学年でひとくくりになってしまうと、

つい周りの子とわが子を比べてしまいがち。

そんなことで 悩んでしまう前に

こどもが成長するための 土台づくりがどれくらい

作れているか 考えてみてはいかがでしょうか。

そこでは こどもがいきいきと楽しく過ごし、

自分は認められるていると 実感していますか?

また、こどもを取り巻く人達が それぞれに仲良く

信頼し合える関係になっていますか?

その環境が いい土台を作るのです。そして、

新しいことにチャレンジしていこう という

やる気や勇気の 種 を植えることができるのです。

あなたは 愛情 という暖かい日差しを

どんな時も しっかり降り注いでくださいね。

急いで土作りをすると 種を植えても芽が出にくく

また無理やりに 芽を出させると

どっちの向きに 伸びて行けばいいのかなと、

あなたの顔色を うかがってばかりに

なるかも知れません。

アトリエぱおでは 講師とこどもたち、そして

保護者の皆さんの それぞれが信頼し合い

新しいチャレンジへの 種 が植えられるように、

時間をかけて 土台づくりをしてきています。

そろそろ次のステップへ 挑戦してみようかなと

思われていましたら どうかお気軽にご相談下さい。

いつの日か 色とりどりの花が咲くと願って

みんなでしっかりと 土作りして

力強い芽が たくさん出てきますように。

畠山 泰子

最新記事

すべて表示

なにこれファイルの世界。

ぱおバッグの中で いつでも出番を待っているのが、 「なにこれワークシート」をとじたファイルです。 レッスンにやってきたこども達に、 この 「なにこれファイル」を開いて見せてもらうと、 特に意味のない線画を ヒントにして、 こどもが描きこんだオリジナリティあふれる絵が、 まるで飛び出す絵本のような迫力で 描かれています。 色がないのに カラフルに感じられるような、 驚きと発見を いつも与えてもらって

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所