大迫力の恐竜

こんにちは。キッズ講師の浅原です。

上の画像、大迫力でしょう!? 安佐南教室、大人クラス在籍のHくん(小5)の作品です。

素材は紙粘土です。乾燥後、アクリル絵の具で彩色する予定です。

Hくんは、毎回ものすごいスピードと集中力で、たくさんの作品を量産していきます。 粘土なら3体は仕上げます。絵なら1日でスケッチブックを描きつくしてしまうことも珍しくありません。

安佐南教室の大人クラスは8月はお休みだったので、その間、家で油粘土をつかって何十体もの恐竜をつくってはつぶし、つくってはつぶし、したとか。 おかげで、9月初日のレッスンで見せてもらった彼の作品は、1ヶ月前と比べ物にならないくらい上達していました。

迫力のある形、細部のこだわりはもちろん、立体として立たせるための工夫や、背後や裏面にも気をつかって制作していました。

もう立派な彫刻家です。

0回の閲覧0件のコメント

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所