八千代の丘美術館スケッチツアー


こんにちは。キッズ講師の浅原です。 6/12(日)八千代の丘美術館でのスケッチツアーに行って来ました。 広島市内からはちょっと距離があるので、参加人数は少なめだろうという予想に反して、雨模様の中を約100名の皆さんにご参加いただきました。


こちらの美術館はちょっと変わっていて、建物1棟に一人の作家さんの個展会場となっています。 そして今年はぱおの代表、加藤講師が入館作家として入っているので、ツアー先とさせていただきました。


また、6/10より特別展示で「広島市立大学漆工芸選抜展」が行われており、そちらでは元スタッフの舛岡さんの作品展もありました。

スケッチは、外から建物などの風景を描いたり、作品のスケッチを許可していただいた作家さんの作品をスケッチしたり。 雨はずっと降っていましたが、涼しくてとても過ごしやすく、虫も少なかったようですね。森の木々の匂いや雨の匂いも感じられる、自然を満喫できる素敵な場所でした。


今回、私、浅原も初めて保護者として参加しましたので、子どもたちに混じってスケッチをしてみました。あっという間に時間が過ぎてしまい、完成に至ることができませんでしたが、とても良い時間を過ごす事ができました。 近くで同じようにスケッチされていたRちゃんのパパ(毎年ツアーでは一緒にスケッチされています)が、こう言ってました。 「なかなか上手く描けないから、面白いよねえ」 本当にそうですね。うまく書けないと面白くないと思いがちですが、そこを、ああでもないこうでもないと、やり直したり、修正したり、悩んだりするのが楽しいんですよね。

集合写真はクリックで大きくなりますので、ご自由ににダウンロードしてくださいね。


082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所