今村 のの

今村 のの

高1






悲しいときや、やるせないとき、上野動物園のパンダの動画をよく見る。彼らはいつものんびり気ままに暮らしている。彼らを見ていると私も彼らのように善とか悪とかそんなものには囚われず、のんびり生きていきたい、彼らのようにありたい、と思えてくる。そんな私の中のなりたいパンダの姿を描いた。

色をのせるのが楽しくて、その楽しさが絵にも出たと思うし、パンダも幸せそうに描けたと思う。

色について一度先生から「背景の黒に不安感とか出ている気がする」と言われたのが印象に残っている。背景を黒にした方がパンダが目立つだろうと思って黒にしたのだが、確かに現実から逃避したい気持ちや不安などが無意識に出ていたのかもしれない。幸せそうなパンダが描きたいなら胎内のような優しい色でもよかっただろうが、私の中では黒一択だった。

人から感想をもらうことで得られる新しい気づきの面白さを知れてとても興奮した一件だった。客観的な視点、大事にしたい。





関連記事

すべて表示

宮川 佳子 高2 私はよく趣味で、バーチャルYouTuberというものを見ている。バーチャルYouTuberとは「1人のキャラクターとして2Dまたは3Dのアバターを使い活動しているYouTuber」のことだ。 私はこの作品を通して、キャラの可愛さはもちろんバーチャルに存在するというキャラクターの概念を表現したいと思った。しかし、既存のキャラクターは使用できなかったため、オリジナルのバーチャルキャラ

高津 結彩 R1 私は自由制作でうさぎの塑像を制作した。 色々な制作方法の中から塑像を選んだのには、やったことがない事をやりたかったという理由の他に、飼っているうさぎを形として残しておきたかったという理由がある。 また、自分にとって家族であり身近なうさぎをテーマにする事で、この塑像の制作をより内容のあるものに出来るのではないかと考えた。 材料には赤土を使用し、家で撮ったうさぎの動画や資料をもとに制