マレーシアンバティック実習

こんにちは 玉田です。 最近ぐぐっと冷え込んできましたね。 毛布だけだと明け方寒くて足がつります…。 そろそろ掛け布団をださないといけませんね。 みなさん、風邪などひかぬよう、お気をつけください!

さて、今日は10月~11月にかけて3週にわたってYOUTHクラスで行った、マレーシアンバティック実習の様子をまとめてお送りいたします

ところでみなさん、バティックというものをご存じですか? バティックというのは簡単にいうとろうけつ染めのことです。 日本の友禅染なんかが、かなり近いものですね。 友禅染との大きな違いは、チャンチンという道具を使いロウで防染するところです。

1週目はバティックの歴史や道具について学び、その後2週目で使う材料の下準備やハンカチのデザインを考えました。 下の写真はそのときの様子です。

さて、ここまでが1週目。 2週目はいよいよハンカチを防染し、染料でそめていきます。 ここが今回の実習で一番大変で、でも面白いところ

2週目からはマレーシアンバティック作家の出岡講師にレッスンをお願いしました。 まずは、ハンカチの 染料を染み込ませたくない部分(最終的に白く残るところ)に溶けたろうを引いていきます。これをロウ引きといいます。 ロウはチャンチンという道具をつかってひいています。 チャンチンは柄の先に 細い口のでた小さな金属の入れ物がついていて、そこに溶けたロウをすくって入れるとその口からロウが少しずつ出てくる仕組みです。 すくってから素早く描かないとロウが固まってきて口が詰まってしまい描けなくなってしまいます。 けれど、早くかきすぎると水っぽいロウがドバドバでてきて線が太くなったり、余計なところに垂れたりしてしまいます。 ここがバティック実習で一番難しい工程です

ロウ引きも結構大変ですが、ここからはさらに重要な染めの作業に入っていきます。 ロウ引きの後、ハンカチを折りたたんだりできないので同じ日に一気にやってしまいます。 染料はどれも透明感があって綺麗な色をしているので、やっていてとても楽しそうです。 また出岡講師がにじみのデモンストレーションをしてくれたので、みんな綺麗なにじみを目指して頑張っていました。

大変だった2週目を経て、もう完成した気になってしまいそうですがここからが最後の仕上げの作業。 2週目にできたハンカチは、まだ染料が生地に定着していないのでまずはこれを定着していきます。

3週目は染料を定着させている間や中和させている間に時間ができるので、そのあいだは出岡講師の作品を鑑賞しました。

最後にみんなで作品を並べて講評をしてもらいました。

充実した時間が過ごせた素敵な実習でした。

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所