ペンギンランプ


こんにちは。キッズ講師の浅原です。 せっかく夏休みが始まったというのに、雨が多いですね。早く梅雨が明けるといいですね。

さて今日は、今年のアトリエぱおのサマースクール22プログラムの中の一番人気「オーロラペンギンランプ」のレポートです。

子ども会さんのイベントの工作教室に呼んでいただいたのです。アトリエぱおは移動教室なので、道具、材料、講師、車、子ども用机、イスまで完備していますので、極端な話「部屋」さえあればどこでもレッスンできちゃうのです。 でも今回は、役員さんたちが広くて設備のしっかりしたスペースを借りてくれたおかげで、とてもいい環境でした。 子ども達も元気いっぱいで、とっても楽しんでくれました。


ランプはLEDライトをつかっているので省電力。電池も長持ちするエコなライトです。 3コの電球がそれぞれ光ったり消えたりすることで、まるでオーロラのように7色に光の色が変化します。 ガラスは、角の削れたシーグラスを使っています。これも割れたガラス瓶の欠片からできています。つまりリサイクルガラスです。 工作をすることで、環境問題を考えることにもつながるのです。


今回は、開発者の玉田講師も一緒だったので、デモンストレーションは玉田講師が担当。おしゃべりと写真撮影を私が担当しました。(遊んでたわけではありませんよ) 私たちがプログラムを開発する場合、実際に子ども達が作ることを想定して開発します。けれども、実際にレッスンをやってみると、予想と違っていたりすることはよくあります。今回は、みどり色のガラスは使わないだろう、と想定していましたが、これが案外ポップでかわいい仕上がりなんです。エコなイメージもあって、ブルーのペンギンとはまた違った良さがありますね。

子ども会の皆さん、役員さん、お手伝いいただいた保護者の皆様、楽しい時間をありがとうございました。 みんな、しっかり飾ってね。

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所