ピアノ発表会終わりました!

ピアノクラスの発表会、無事に閉幕しました。 発表会の感想を書いてくる、これがピアノクラスのお約束。 いくつかご紹介します。

人前で弾くのは、やっぱり緊張します。 「ソロのとき、いつも以上に緊張しました。」 そうなんです。小学生時代はけろっとして演奏していた生徒さんも、だんだん年齢が上がるにつれて「あがる」ようになります。 これも成長の一過程ですね。その緊張をうまく集中力に変えていけるといいのです。

「1回間違えてしまいました。やばいなあと思っていたけど、すぐに立て直す事ができました。」 これも経験です。

初ペダルに挑戦した生徒さん 「両足ペダル(を使うこと)に初めはびっくりしたけど、慣れてきたらできるようになりました。」 ペダルはピアノのメーカーや、同じメーカーでも楽器によって微妙に感触が異なります。 また右足ペダルと左足ペダルは踏むタイミングが違います。 両足を踏み分けるのはなかなか難しいのです。しかも両手で演奏しながらですからね。

発表会のソロ曲のテーマは【世界旅行に出かけよう!】でした。 「各国の特徴が感じられて、特にインドの曲ではスパイスの香りが漂ってくるようでした。」

小さい生徒さんを中心に演奏した、ナレーション付きの【どうぶつむらにあさがきた!】 「耳慣れた曲のアレンジがとても楽しい気分になりました。」

高学年の生徒さんを中心とした、クラシックの名曲の連弾。 「毎年連弾を楽しみにしています。オーケストラの曲もピアノでこんなに豊かに表現できるのですね。」 連弾は私も大好き。アレンジを慎重に吟味すれば、とてもいい演奏になります。 すでに来年の発表会の曲を選曲中です!

恒例の、おとうさんの歌。 「いちばん楽しかったのは「オブラディ・オブラダ」です。みんなで歌うっていうのは楽しかったです。」 ピアノはソロで演奏することが多い楽器。 でも、みんなで合奏するのも楽しい。 打楽器との合奏や、連弾や、歌をとりいれることで、みんなで合わせる事の楽しさも知ってもらいたい。

最後に。 私は発表会のときはドレッシーな服装のこともあります。 「先生のふくのきんきらがすごくかわいかったです。」 ありがと!

ピアノクラス 溝尻雅子

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

ピアノレッスン日記 

ピアノクラスの溝尻雅子です。こんにちは。 中学1年生のKさん。勉強や部活(卓球部!)が忙しくなりピアノはしばらくお休みでしたが、 どうしても弾けるようになりたい曲があります。 夏休み中の水曜日なら行けます。 レッスンできませんか? と連絡があったのが7月中旬。 いいよ~おいで! とレッスン再開。 夏休み中に5回レッスンができて、3曲弾けるようになりました。 がんばったね。 そのうちの1曲が、米津玄

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所