ピアノレッスン日記 №201 譜めくりのこと

「譜めくり」

ピアノ奏者の左側に座って、楽譜のページをさっとめくる役割の人。

譜めくりは簡単そうに見えて、なかなか難しいんですよ。

その曲のテンポを理解し、音楽をよく聴いて、音楽の流れにのって、「奏者の目になったつもりで」絶妙なタイミングでさっとめくる。

決して奏者の邪魔をせず、そして目立たず。

ピアノクラスの発表会でも、連弾の場合は楽譜をおいて演奏することが多いので、生徒に譜めくりを任せるときはだいぶ練習します。

さて普段のレッスンでは、

わたしは連弾が大好きなのでレッスンのうちの1曲以上は生徒とわたしで弾く連弾曲。

連弾の練習はレッスンの最後にやります。

その理由はね、

次の生徒さんがレッスン室に入ってきたとき、連弾の練習をしていたら、わたしが何も言わなくても譜めくりをしてくれるから。

初めて聞く曲の、それも演奏の途中から譜めくりをする場合、たいていの子はとまどってしまうのですけど、

目を皿のようにして楽譜を読み始めます。

いま、どこ??

これも読譜の練習です。

ことしの発表会でも、何人かの生徒さんが譜めくりをしてくれます。

颯爽たる譜めくりの様子も、ぜひご覧くださいね。

ピアノクラス 溝尻雅子

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

ピアノレッスン日記 

ピアノクラスの溝尻雅子です。こんにちは。 中学1年生のKさん。勉強や部活(卓球部!)が忙しくなりピアノはしばらくお休みでしたが、 どうしても弾けるようになりたい曲があります。 夏休み中の水曜日なら行けます。 レッスンできませんか? と連絡があったのが7月中旬。 いいよ~おいで! とレッスン再開。 夏休み中に5回レッスンができて、3曲弾けるようになりました。 がんばったね。 そのうちの1曲が、米津玄

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所