ピアノレッスン日記 №198

ピアノクラスの溝尻です。

きょうは嬉しいことがあったので、ひさしぶりにピアノクラスの話題を。


生徒のAちゃんはからだが小さく、そしていろいろな症状があり、

ピアノの歩みはとってもゆっくりです。

おうちではお父さんもお母さんも練習に協力してくださり、

音符を覚えたり、

お母さんのピアノに合わせて歌ったり、

拍子感をつけるために3拍子や4拍子の「指揮」や「手遊び」をしたり、

いろんなアプローチで親子で音楽を楽しんでいます。

12月のピアノクラス発表会で、Aちゃんのお母さんが連弾で出演することになりました。

パートナーはわたし。

お母さんもピアノを楽しんでいるんだよと伝えたくて、

練習に励んでいるお母さん。

きょうは初めての合わせの日。

それがね、

すごく素敵に弾けたのです。

Aちゃんのお母さんはとても歌心があり、わたしもとっても気持ち良く演奏できました。

そしてそして、

演奏をじっと聞いていたAちゃんが、

弾き終わった後に、

ぱーっと満面の笑顔になったのです。

その笑顔をみて、しみじみと、とっても幸せな気持ちになりました。

音楽って、いいですね!

ピアノクラス 溝尻雅子

0回の閲覧

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所