ピアノレッスン日記 №163

こんにちは ピアノクラスの溝尻です。 もうすぐ

クリスマスイブはピアノクラスのクリスマス会。 ひとり数曲弾き、ミュージックベルなどで即席合奏し、みんなでケーキを食べてあそびます。 クリスマス会はレッスン室で行うので、外の会場で行う発表会とは一味違った、和気あいあいとした楽しみがあります。

さて。この冬に、私の姪が幼い子二人を連れて私の実家に遊びに来ます。 3歳のお兄ちゃんの「ひいじいちゃんちでやりたいことリスト」のひとつに「ミッキーマウスマーチを弾くこと」があります。 よろしくね! と姪に託された次第。 ミッキーマウスマーチ・・良く知られた、ドッドドッドドッドドッド レードシーラソー~

う~ん。。 小さい子にとって、この曲には2つの高いハードルがあります。 その

その

わずか数日間の滞在で、ピアノが弾けて楽しかった

レッスンのときは「生徒」を注意深く観察し、その反応をみながら、臨機応変に対応できるように引出し(ネタ)をたくさん用意しよう。 いろんな反応を予想し、たくさんの想定問答を用意しよう。

小さい子がピアノに興味を持てるように、楽しいと思えるように、責任重大であります。

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

ピアノレッスン日記 

ピアノクラスの溝尻雅子です。こんにちは。 中学1年生のKさん。勉強や部活(卓球部!)が忙しくなりピアノはしばらくお休みでしたが、 どうしても弾けるようになりたい曲があります。 夏休み中の水曜日なら行けます。 レッスンできませんか? と連絡があったのが7月中旬。 いいよ~おいで! とレッスン再開。 夏休み中に5回レッスンができて、3曲弾けるようになりました。 がんばったね。 そのうちの1曲が、米津玄

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所