ピアノレッスン日記 №131

こんにちは ピアノクラスの溝尻です。

ピアノクラスの発表会は3月20日。 今回は趣向を変えて、「サロンコンサート風」にします。

ピアノソロは、私の大好きな作曲家・平吉毅州のピアノ曲のみで構成。 演奏する曲の理解がより深まるように簡単な曲紹介をします。 もしかしたら生徒さんのエピソードも紹介するかもしれません。

連弾は、ピアノクラスの生徒ほぼ全員で演奏するリレー連弾 ヴォルフガングの玉手箱(春畑セロリ編曲) モーツァルトの名曲の数々を、メドレーで。

そして、高学年の生徒さんによる、クラシックの名曲。 「ナニコレ珍百景」ですっかりおなじみになった、あの名曲も披露します。

そして生徒さんの演奏が終わったら、ジュースやコーヒーを飲んで一服。 このときは、私の生演奏付き

みんなの関心は、もっぱら、ジュース(笑)

発表会後半の私の演奏では、クラシックの名曲だけではなく、アニソンあり、ディズニーあり、ジブリあり、ジャズも弾くかも、AKBのリクエストも来ているし、レディ・ガガはお断りをしたいけど・・ 私たちの周りにはいろんなタイプの曲があって、それらをピアノでも楽しめるんだよ、ということをみんなに知ってもらいたいなあと思っています。

発表会が2カ月後に迫り、私の練習が間に合うのかと、ちょっと焦ってきました。 ひっさしぶりにショパンのエチュードを引っ張り出して練習したり。 大学時代、ピアノ科の教授に「よくその手で弾けるわね」と言われたことを思い出したり(私は指がとても短いので、指を目いっぱい広げて鍵盤を這うように弾くのです) 今日も、練習を頑張ります!

溝尻雅子

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

ピアノレッスン日記 

ピアノクラスの溝尻雅子です。こんにちは。 中学1年生のKさん。勉強や部活(卓球部!)が忙しくなりピアノはしばらくお休みでしたが、 どうしても弾けるようになりたい曲があります。 夏休み中の水曜日なら行けます。 レッスンできませんか? と連絡があったのが7月中旬。 いいよ~おいで! とレッスン再開。 夏休み中に5回レッスンができて、3曲弾けるようになりました。 がんばったね。 そのうちの1曲が、米津玄

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所