ピアノレッスン日記 №114

ピアノクラスのSちゃん。 春の発表会に向けて練習をとても頑張ったのでずいぶんと上達しました。が、 ここのところ、ちょっとなかだるみ。

だってね、プールが始まって疲れるし(疲れているのはきみだけじゃないよ) 学校から帰ったら眠くて寝ちゃうし(実際、本日は眠い目をこすりながらレッスン室に来ました。お母さんに「ねちゃだめっ」て怒られたそうで。) うまく弾けないし(そりゃそう、練習が足りないのだよ) 。。。。

Sちゃんのレッスンの後は、中学生のお姉さんのレッスン。

私が連絡帳を書いている間・・「練習が足りません」 お姉さんが演奏しています。それをSちゃんはじっと聴いています。

中高生の生徒さんは、小学生の生徒さんにとって憧れの存在。 先生が上手に弾けるのは当たり前で、先生はちょっと遠い存在。 でも、中高生のお姉さん・お兄さんは、自分に近いところにいる。 私も頑張ればあんなふうに弾けるようになるかもしれない、そう感じさせてくれる存在。

Sちゃんも、じっと聴いています。

毎日続けて練習すれば、こんなふうにかっこよく弾けるようになるよ!

はい、今度はちゃんと練習してきます、と家路についたSちゃん。 来週のレッスンが楽しみです。 ちょっとドキドキ。

ピアノクラス 溝尻雅子

0回の閲覧

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所