ピアノレッスン日記 №105

今日のピアノクラスは、リレー連弾の合同練習 2回目でした。

リレー連弾。演奏者は小学3年生から5年生までの4人。 3人連弾に4人目が乱入。だんだん下のパートへずれていってout。これを繰り返します。

1回目の練習では、 自分のパートを演奏することに必死で、パートナーの音を聴く余裕なんて、まるでなし! おまけに最後までたどり着けないし。前途多難。

2回目は。。。

一番上のパートは主にメロディを奏でます。 メロディを美しく、楽しく、時には物悲しく。 曲の彩りを左右します。

真ん中のパートは主に後打ち(あとうち) リズミカルにテンポを正確に刻みます。 時にはメロディの一旦も担います。

下のパートは、楽譜はいちばん簡単そう。 でも、いっちばん重要なパートなんです。 機関車の役割ですね。曲をぐいぐい引っ張ります。

リレー連弾は 上のパート → 真ん中のパート → 下のパートと、 曲がかわるときにパートがかわるので役割がかわります。 演奏の仕方がかわるのです。 もちろん曲がかわるので、拍子や調性や、テンポもかわります。 それも音楽を途切れさせずに、です。

だから、とても難しい。 ひとりでは弾けても、みんなであわせると、なかなかうまくいかない。 今日の練習では、パートごとの役割も意識しました。 パートナーの音もよく聴くようにしました。 1回目よりは「音楽」らしくなりました。

でも。。。

やぱり最後までたどり着けません。。。 4月の発表会、間に合うかなあ。。。

ピアノクラス 溝尻雅子

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

ピアノレッスン日記 

ピアノクラスの溝尻雅子です。こんにちは。 中学1年生のKさん。勉強や部活(卓球部!)が忙しくなりピアノはしばらくお休みでしたが、 どうしても弾けるようになりたい曲があります。 夏休み中の水曜日なら行けます。 レッスンできませんか? と連絡があったのが7月中旬。 いいよ~おいで! とレッスン再開。 夏休み中に5回レッスンができて、3曲弾けるようになりました。 がんばったね。 そのうちの1曲が、米津玄

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所