ピアノレッスン日記№48

こんにちは。ピアノクラスの溝尻です。 先週このブログで紹介した金魚のきんちゃん(本名謝々) 先週の水曜日はもうダメだと思ったのですが、どっこい生きています。 水曜日の生徒さんは、金魚は死んじゃっただろうな、泣き虫の先生はまた泣いたのかな、と心配してくれていたのですが、 おおっ 生きている

さてさて、本題のピアノレッスン。 今年のピアノクラスのひとつの目標は「どんな曲でも暗譜しよう」です。 暗譜の功罪についてはいろいろ言われていますが、 やはり暗譜して弾いたほうが、音楽そのものに没頭できてより深い表現ができるのではないかと思います。 楽譜をみないで弾くことで、より集中して音楽の流れと自分の出す音を聴くことができるようになるのではないでしょうか。 特に演奏者が子どもの場合、この集中するということが演奏の質に大きく影響すると思います。

本日レッスンに来たみいちゃん、えいみちゃん姉妹。 普段はちょっとしたミスが多いのですが、 暗譜して弾けるようになった曲はどの曲もとても良い演奏ができました。 しっかりと音を聴いています。 いつものミスタッチがありません。

もちろん、暗譜するためにたくさん練習したのでしょう。 その練習量と自信が、さらに演奏の質を高めています。 ふたりはご褒美にシールを3枚ずつ貼ることができてご機嫌

アトリエぱお 溝尻雅子

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所