ピアノレッスン日記 №23

突然ですが、みなさんの指は長いほうですか?  それとも短いほうですか?

ピアノ弾きならば指の長さは気になるところ。 小学生のSさんが「私の指、短いんよね」と、落ち込んでいます。 うん、たしかに短い。 特に親指と小指が短いので、この指では今後苦労することが予想されます。 かく言う私も、相当に短い指の持ち主です! 幼い頃から「短いねえ」と言われ続け、 未だに「この指でピアノを弾くの?」と驚かれる始末。 でも、指って長ければいいってものではありません、絶対に!! 短いなら短いなりに工夫と苦労をしましょう。


ここで注意点をいくつか。 拡張の訓練は必ず鍵盤の上で行うこと。 指を無理に引っ張ったり、何かの力を加えて広げたりしてはいけません。 拡張の練習と、指を寄せる練習を組み合わせること。 広げっぱなしはよくないのです。



ピアニストは普通、ドから1オクターブ上のミくらいまで余裕で届く指を持っていて、 そのぐらいの長さがないと、楽譜通りに弾けない曲があることは事実です。 でもね、指の短いピアニストが存在することも事実です。

何事もあきらめないことです。 小さくったって、

ピアノクラス 溝尻雅子

0回の閲覧

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所