ピアノレッスン日記 №20

ピアノクラスのまなかちゃん、「エリーゼのために」をとても優しい音で弾きます。 ペダリングもなかなかうまくなってきました。 まなかちゃんは心をこめてていねいに弾きます。 私はレッスンであることを忘れて、まるで演奏会で聴いているような気分に浸ることができます。 心のこもった演奏は、聴く人の心に響くんですね。

このたび「エリーゼのために」に合わせてちょっとお姉さん用の曲集を購入してもらいました。 まなかちゃんは、次はどの曲を弾こうかとおうちでいろいろ試し弾きをしているようです。 とてもいいことですよ

この曲集の2曲目がもうすぐ完成。 その次に弾きたい曲も決めているようです。 いろんな曲をどんどん練習して、表現力も磨きましょう

音楽にかくされた情景や心情、それが音で表せたら素晴らしいですね。 ピアノクラス 溝尻 雅子

コメントはこちらからどうぞ!

0回の閲覧

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所