ピアノクラス発表会で「リレー連弾」

ピアノクラスの発表会の最後を飾るのは、生徒全員による「リレー連弾」

生徒さんは毎回楽しみにしてくれています。

「先生、曲決まった?」 レッスンの時になんど聞かれたことでしょう。

ようやく、ことしの発表会の曲が決まりました!

「トリッチ・トラッチ・ポルカ」です。舌を噛みそうな曲名ですね。

運動会で耳にしたことがあるかな。

軽快な2拍子の曲。

そう。2拍子の曲。しかもテンポが速いのです。

それを、16回転。

16回もリレー。

どんどん進む2拍子の曲でテンポが速くて16回リレー。

できるんだろうか。。。一抹の不安。

ま、やってみようじゃないか。

曲が決まったら、だれがどこを弾くか決めます。

リレー連弾は曲の途中で調が変わったり、曲そのものが変わったりテンポが変わることもあり、

絶対に失敗できないというプレッシャーも大きいので、

実力ぴったりよりも少し余裕があるほうがいいです。

リレー連弾が初めての生徒さんのフォローをだれにしてもらおうか、

引継ぎに時間的な余裕のないところではレッスン時間が前後する生徒さん同士の方が練習ができるし、

などなどいろいろ考えて、オーダーも決まりました。

あとは練習あるのみです。

本番は成功させます。

お楽しみに。


溝尻雅子

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

ピアノレッスン日記 

ピアノクラスの溝尻雅子です。こんにちは。 中学1年生のKさん。勉強や部活(卓球部!)が忙しくなりピアノはしばらくお休みでしたが、 どうしても弾けるようになりたい曲があります。 夏休み中の水曜日なら行けます。 レッスンできませんか? と連絡があったのが7月中旬。 いいよ~おいで! とレッスン再開。 夏休み中に5回レッスンができて、3曲弾けるようになりました。 がんばったね。 そのうちの1曲が、米津玄

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所