バッタ型ロボット「ジャイアントホッパー」

こんにちは。

今月のロボット西広島駅前教室ベーシッククラスでは「ジャイアントホッパー」を作りました,

名前の通り、バッタ型のロボットです。

今回も、1回目の授業ではテキストをよく見てよく読んでロボットを組み立てます。 長い足の接続がちょっと難しかったようです。

2回目の授業では、予想と実験で動く仕組みを理解し、それぞれが改造を加えてオリジナルロボットに作り替えました。



このようにロボット教室では、ただテキスト通りにロボットを組み立てるだけではなく、自分のアイデアでオリジナルロボットへの改造も行います。 これによって、論理的思考や空間認識力、そして創造力や表現力が身につきます。

来月はどんなにロボットをつくるのでしょうか? お楽しみに。

浅原

0回の閲覧

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所