スケッチツアーCコース【現代美術館】レポート

5月19日(日)はスケッチツアーで現代美術館に行ってきました!

本日はお天気が心配でしたが。。 みんなのスケッチしたい気持ちがお天道様も分かってくれたように、雨も降らず最後まで制作することができました!

ツアーは、まず現代美術館アートナビゲーターさんによる、「美術館の七燈」展の作品解説からスタート! この作品は何の形を表してるのでしょうか?などなど、こどもたちと対話をしながら楽しく鑑賞しました。 現代美術館は今年で開館30周年とのことで、美術館の建物ができるまでのドキュメントなどもあり、建物に興味を持った子は美術館の入り口をスケッチしてみたり。

外の彫刻作品を触ってみたり、座ってみたりして、体感してからスケッチしてみたり

「絵を描いてたら鳥が飛んでて、その鳥さんも描いてあげたよ!」

「お花を描いてたらとても可愛くなったから、ハートも描いてみた!」

と、想像力豊かなプチクラスのこどもたち。

ベテラン中高生クラスのお兄さんはスケッチの姿勢もかっこよいですね。

彫刻作品といい距離感で描いています。

美術館の外には彫刻作品が18点あります。

一つをしっかり時間かけて描いた子や、2つ以上描いてみた子も。

画材は鉛筆デッサン、水彩色鉛筆、パステルを使用して描きました。

スケッチの後は、みんなで作品の鑑賞と講評会をしました。

どうしてその作品を描いてみたいと思ったのか、難しかったところはどこだったか、自分はここがお気に入り!という部分を、家族で話してみたり。

会話してみると、絵についてより本人の思いに気づくことができて、いろんな発見が生まれますね。

最後に記念写真をパシャリ!

次のコースはDコース5/26(日)広島美術館にて開催します。

Dコースのみなさんも頑張ってくださいね〜!

梶木

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所