スケッチツアーA2コース 東千田公園レポート

こんにちは、天野です

今回は先程終了したばかりの東千田公園でのスケッチツアーの模様をレポートします!


被爆建物である旧広島大学理学部1号館は、とても趣のある建物ですが、現在でも残すか否かの論争が長く繰り広げられています。いつまでここをスケッチできるかわかりません。そんな話をしたためか、みんな真剣に建物を描いてくれました。



レンガの複雑な色合いや建物にかぶる木など、「難しい〜」なんて言いながら、みんな集中しています。



次の写真は中高生クラスの子の作品です。たくさんのものが観察できるようになってきて、短い時間ではとても描ききれません。それでも良いんです。自分が興味を持ったところを、しっかり観察して描いていくことが大事です。


今年のスケッチツアーでは、プチクラス会員さんや、会員家族の園児さん向けにフロッタージュノートをお渡ししています。フロッタージュとは、でこぼこしたものに紙を当てて、鉛筆やクレヨンで模様を擦りだす技法です。

最後にはみんなで絵を並べて講評です!





今日はあいにくの天気


集合写真はクリックで拡大表示されますので、参加された皆さんはダウンロードしてくださいね!

天野

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所