スケッチツアー終了&B2太光寺レポート

5/28からはじまりました2010年度のスケッチツアーが、6/13のB2太光寺コーすをもって、無事に終了いたしました。

今年は、平安時代の建築が残る、歴史を感じる国宝不動院と、近代建築と芝生と青空に包まれた太光寺という両極の組み合わせでした。どちらもそれぞれに良さがあり、古いものも新しいものもそれぞれの良さがあることを再認識させられました。 そして原爆ドームは昨年も実施しましたが、世界遺産でもあり、広島や世界平和の象徴でもあるドームを広島市民のアーチストなら1度は絵にしてみるべきだ、との思いから今年もやりました。 原爆ドームは世界中から観光客がやってきます。スケッチする子どもたちの姿は、まさに平和を象徴する光景であり、外国人の方たちも絵を覗き込んだり、スケッチする姿を写真に撮ったりと、どの方も笑顔で接してくれました。


さて、日曜日の太光寺ですが、前日のドームはなんとか天気はもったものの、この日は朝から雨。ですが、晴れだと日差しがとてもきつく、前回は日差しでかなりやられたため、結果的には過ごしやすくなかなかのスケッチ日和でした。


外でのスケッチは難しいので(それでも傘をさしながらスケッチする根性のある人も数名いましたよ。立派)、屋内が中心になりますが、軒先だけでなく仏様のいらっしゃる本殿の中もほぼ自由に使わせていただきました。


仲良くスケッチする兄と妹シリーズ。いいですねえ。


仲良くスケッチする兄と妹シリーズ第2弾。これもいいですねえ。

仲良くスケッチする兄と弟シリーズ。またまたいいですねえ。

最後は作品を並べて講評会。浅野先生が熱弁を振るいます。仏像の絵を見ると木彫家の血が騒ぐんですね。

最後はいつもの記念撮影。前回と違い今回は本殿の中で撮影させていただきました。 いつものように、クリックすると大きなサイズが表示されます。ダウンロードはご自由にどうぞ。


浅原

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所