スケッチツアー原爆ドームコース レポート!

こんにちは! 本日はスケッチツアーで原爆ドームに行ってきました!

天候もスケッチにバッチリな晴天☀

美味しい空気を吸いながらみんなでドームを描きました。


スケッチをする前に、毎年ガイドさんに原爆ドームや平和記念公園についてなどのお話を聞かせていただいているのですが、今年は25歳の若きガイド村上正晃さんにお話していだきました。


私がお話のなかで特に印象に残っているものは、

今私たちが立っているこの地面の下にも、当時被爆した黒い土が残っているということ

です。

広島に住んでいる私たちにとっては原爆ドームは身近な存在ではありますが、改めてその場に立って原爆が投下された当時の様子をイメージしてみると、いままで感じていた感覚とはだいぶ変わってきますね。

お話を聴いて、今日初めて知ったことや感じたこともたくさんあるかと思います。

「まずは知ることから始めよう」

と村上さんもおっしゃっていましたが、家族やお友達にもぜひお話ししてみましょうね。

お話を聞いた後に、スケッチへ!

ここで昔起こったことなどを思い浮かべながら描けましたでしょうか。


親子で参加して、保護者の方も一生懸命スケッチされてる方もいました。

ご家族でスケッチできるのは、とても素敵な時間ですね。


スケッチができあがったら、みんなで鑑賞タイム!

他のお友達はどんなところに興味をもって描いたのか、一つずつ観てみました。




毎年恒例のスケッチツアーですが、原爆ドームのコースは9年連続で開催しています。

なんと、今回で5回目のドームスケッチをした子も!

去年と比べて上手になったところ、また新しい課題が生まれたりしましたでしょうか。


最後にみんなで記念写真をぱしゃり!


クリックすると大きくなります。参加者の皆さんはご自由にダウンロードしてください☆

ぜひ、ご家族やお友達と原爆についてのお話も含めて本日スケッチした絵を鑑賞してみてくださいね。

本日ガイドをしてくださった村上さんのブログもございます。

ぜひご覧ください。 ▶︎https://www.masaaki7.com/

梶木

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所