ジャズライブに行ってきました!

こんにちは、ピアノクラスの溝尻です。 先週末、ジャズライブに行ってきました。初めて。 新進ピアニストとして注目を集めている大林武司クンが一時帰国して東京と広島でライブをしました。 その最終日。実力派ベーシストの中野力 氏とのDUO。

凄かった。 うまかった。 アップライトピアノでもこんな音が出せるの? ジャズってこんなにワクワクするものなの?

大林クンは、元・ぱおっ子。 小学生時代、いつも元気で楽しそうに絵を描いていました。 また、合唱部の伴奏者としても活躍し、 NHK全国学校音楽コンクールの広島県大会に出場したときは、 その音楽性を審査員に高く評価されました。

中学校、高校時代はトランペッターとして活躍。 東京の音大に進学するも、自分のやりたい方向が明確になり、 音大を中退して、みっちり語学を勉強して、専門の勉強もしっかりやって、見事奨学生になって、海を渡っちゃいました! ボストンの、かの有名な

ピアノのテクニックもさることながら、その素直さ、真面目さから みんなに好かれ、応援してもらっている大林クン。 そして、どんなときも彼を信じて支えてきたお父さん、お母さん。

演奏を聴きながらいろいろなことが思い出され、 なんとも幸せな気持ちになりました。

大林クンはボストンでは音楽の勉強だけでなく美術館にも積極的に足を運び、なんでも吸収しようと意欲的に過ごしているようです。 あと2~3年はバークリーで勉強したいとか。

次の帰国ライブが楽しみです。

0回の閲覧

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所