サマースクール進行中

こんにちは。 8月になりました。 もっか鋭意進行中のサマースクール。最近のレッスンを紹介します。

まずは、「昆虫、貝殻の観察画」。

「昆虫、貝殻の観察画」は、本物の貝殻や昆虫の標本をじっくりと観察して描きます。図鑑では見ることのできない、昆虫の裏側や貝殻の内側も、標本なら納得いくまで見ることができます。 じっくりと観察することで、「かたち」「いろ」「しくみ」まで理解して描くことができるのです。

そして、「ミニレンガの家」は、自分の住みたいお家をイメージしながら、一つずつ小さなレンガを積み上げて作ります。 本物と同じ素材ででサイズだけが小さいミニレンガや、シーナリーパウダー、ラモスなど、鉄道模型用の本格的な材料を使っているので、小さくてもリアリティ満載。こだわりの素材だからこそ、子どもたちも本気でのめりこめるのです。

最後に「シーサー」。 こちらは、沖縄の守り神。ライオンのようだったり、狛犬のようだったり、その豊かな表情が魅力です。 ぱおでも人気のプログラムなので、毎年アレンジを変えて実施しています。 画像のシーサーは安芸教室でのKくんの作品。小判を持ってます。魔除けだけではなく、招き猫的要素も加えているわけですね。 さすがです。

さあ、今日はどこの教室でどんなプログラムをやるのでしょうか?

082-271-0870

©2020 by アトリエぱお造形教育研究所